www.pbenitezcigars.com
一口に介護といっても寝たきりなのかそうでないのか、また認知症なのかどうかといったことで介護の方法は変わってきます。そして周囲の負担にも大きく差が出てきます。 例えば寝たきりとそうでない場合、寝たきりでない方が自分で体を移動させることができる分、周囲の負担は減りそうに思いますが、もし認知症を患っていながら体だけは健康だといった場合には、周囲は目を離すことができずとても大変です。 私は祖父が認知症を患っていたのですが足腰は丈夫だったので、身の回りの自分でできることは祖父が自分で行なっていました。しかしある日自分で魚を焼こうとし、そのままそのことを忘れてしまいもう少しで火事になるところだったといったことがありました。幸いその前に周囲が気付いたので大事にならずに済みましたが、そのことがあってからは祖父から目が離せなくなってしまいました。 ただ祖父自身は自分のことは自分でやりたいらしく、その思いと周囲との思いの兼ね合いが本当に難しかったです。 なので介護というのは、その時々の状況によっては周囲の負担がものすごく大きくなってしまいます。