www.pbenitezcigars.com
高校卒業後、私はフリーターとして悠悠自適な生活を送っていました。 しかし、一方で明日の見えないそんな生き方は、私の心に少しずつストレスを蓄積して行ってもいたのでしょう。 ある時、身体の不調を覚え、しばらく仕事も遊びも何もできない状態になってしまいました。 病床での生活を余儀なくされてしまったのです。 しかも、事態はかなり深刻でした。それなりの休養が必要となり、私は20代のほとんどを病気との戦いのために費やしました。 体調が回復し、仕事に対する意欲も膨らんできました。 今度はフリーターではなく、安定した正社員として働こうと決意し、求人情報を集めてみたのです。 そこで、とある企業の正社員を募集する求人を見つけ、まずは問い合わせしてみました。 長らく社会生活から遠ざかっていたため、正直不安だらけでした。 ブランクが恐怖心となって、きちんとした就職活動の妨げになるような気がしたのです。 しかし、動かないわけにはいきません。意を決して、前述した企業の一員になろうと就職活動を展開させていったのです。 結果的に、二次試験で不採用が決まり、私はその企業の一員にはなれませんでした。 しかし、その就職活動における一歩によって自信がつき、現在はきちんと社会復帰することができています。 あの時の前進が、停滞していた私の人生の道を一気に拓いたのです。